もうすぐ七夕(たなばた)! 大人の七夕の楽しみ方

7日7日は七夕(たなばた)の日。古来より行われている日本のお祭り行事で、1年の重要な節句をあらわす五節句(※)のひとつでもあります。

※五節句:人日 じんじつ (正月7日)、 上巳 じょうし (3月3日)、 端午 たんご (5月5日)、 七夕 しちせき (7月7日)、 重陽 ちょうよう (9月9日)の5つの節句。

天帝により離ればなれとなった織姫と彦星が、1年のうち天の川銀河が現れ始める7月7日だけ会えるというロマンチックなストーリーとともに語られます。

幼稚園や小学校の頃は、お願いごとを書いた短冊や、折り紙で作った七夕飾りを笹に飾った方も多いと思いますが、大人になると他の季節行事に比べて少し盛り上がりに欠けるかもしれません。

七夕の大人の楽しみ方として御朱印をもらいに行くのはいかがでしょうか。

神社によっては、七夕にあわせて、限定の御朱印を頒布しているところがあります。

・赤坂氷川神社(東京都港区)

東京大神宮・出雲大社東京分祠と並び東京三大縁結び神社のひとつともいわれている赤坂氷川神社では、『新古今和歌集』に登場する平安時代後期の詩人、藤原俊成(ふじわら の としなり)のが七夕について詠んだ歌の中に「梶の葉」が登場することにちなんで、梶の葉を用いた和紙を使い、織姫は桃色、彦星は青色の御朱印を用意しているそうです。

・高木神社(東京都墨田区)

通称「おむすび神社」と言われる高木神社。御祭神が高皇産靈神(タカミムスビノカミ)であることから、縁結びのパワースポット。御朱印の用紙の中に、おむすびが織姫と彦星になっています…!


御朱印帳がたくさん溜まったら、御朱印箱を使用するのがオススメです。御朱印帳の多くは和紙を使用しているため、防湿、防虫に優れた桐の箱で管理すると良いでしょう。

ハレバレ

"いつも若々しく、より豊かに丁寧に毎日を過ごす女性たちに" そんな想いを込めてスタートしたオンラインショップです。 生活雑貨を中心に高品質な商品を届けてまいります。 慌ただしく過ぎゆく日常の中で、 自分の感覚が喜ぶモノ、リラックスできて心がほっこりするモノ、 使うことによっていつも悩まされていた問題から開放されて、心に余裕ができるモノ、 お気に入りのモノに囲まれて、心が満たされる瞬間がひとつでも

0コメント

  • 1000 / 1000