いつもより長く紫外線を浴びてしまった時に大切なアフターケアとは?

朝バタバタして、日焼け止めを塗り忘れてしまった!
それなのに外にいる時間が長くて、いつもより長く紫外線を浴びてしまった!
というとき、どういったケアをすればよいのでしょうか。

日焼けにおいて大事なことは3点あります。

1.炎症をおさえる(冷やす)こと

ほてりが酷い場合は、アイシング用保冷剤をタオルで巻いて患部にあてる冷やす
(直接顔につけるのは×)

日常生活の中で冷却が必要なほど、赤くなるような日焼けはまずありませんので、次の項目が日常の日焼けケアとしては大事です。


2.保湿をすること

パックやシートマスクも有効。
黒くならないようにしなきゃ!と、すぐに美白成分入りの美容液をつけるよりも、日焼け後に肌がデリケートになっているので、やさしいジェルタイプの美容液のほうが良いようです。

私達がおすすめしたいのは、冷蔵庫でソルジェオールインワンアクアセラムを冷やし、クーリング効果を高めたソルジェオールインワンアクアセラムを通常よりも多く、何度も塗布します。

ソルジェオールインワンアクアセラムに配合されているのは、ヒアルロン酸の約2倍の保水力を持つスーパーヒアルロン酸をはじめとした6種のヒアルロン酸で構成された独自のヒアルロン酸ネットワーク<ソルジェスーパーヒアロミックス>。そして、2種類のコラーゲン、セラミド。

これらの美容液成分が落ち着いた肌をゆるませ、通常の状態に戻します。

その後に気になるようであれば、美白成分入りの美容液をスキンケアに投入すると良いでしょう。


3.メラニンの産生を抑えるビタミンCや活性酸素を減らすリコピンなどが含まれる食品の摂取したり、サプリで補う

水分補給はとても大切。加えて、食べ物で活性酸素を抑える成分を持つ食物を摂取することも大切です。
ビタミンCは、オレンジ、キウィ、グレープフルーツなどがオススメ。
活性酸素を減らし、日光への耐性を高める効果のあるリコピンを含んだ食べ物は、トマトが代表される食べ物ですが、赤いパプリカ、スイカも良いと言われています。


ソルジェオールインワンアクアセラム

ハレバレ

"いつも若々しく、より豊かに丁寧に毎日を過ごす女性たちに" そんな想いを込めてスタートしたオンラインショップです。 生活雑貨を中心に高品質な商品を届けてまいります。 慌ただしく過ぎゆく日常の中で、 自分の感覚が喜ぶモノ、リラックスできて心がほっこりするモノ、 使うことによっていつも悩まされていた問題から開放されて、心に余裕ができるモノ、 お気に入りのモノに囲まれて、心が満たされる瞬間がひとつでも

0コメント

  • 1000 / 1000